/@\


by hoshi1982403

ペットの思い出

リアルネタは書かないようにと決めていましたが2回連続で書く事になってしまい
申し訳なく思います。今の気持ちを風化させないためにもいい意味で
ここに書くことを決めました。Mixiだとリアル友達とかにも見せてしまうので

----------------------------------------------------------------
2回目の一人暮らしを見知らぬ土地ですることになりペット禁止の
アパートを賃り生活することになりました

引っ越して数ヶ月 誰もいない部屋に寂しさを覚え駅前のペットショップに
足を運ぶといろいろな動物がいました
ペット禁止なアパートのため泣き声をあげたり暴れたりする動物は選べず
小さなカゴに入った小さなウサギに目がとまりました
16000円と値段もそうですが初めてのウサギだったので即決で買わず
3~4日ネットでウサギの事を調べたりした後購入決意しました

最初は小屋を買ってあげる必要がないくらい小さくダンボールのおうちを
作ってあげました うさぎもすぐに気に入ってくれたようで歩き回ったり
餌を食べたりしてくれて一安心でした

片手の手のひらにすっぽりとおさまるくらい小さくてとても可愛いウサギを
買う事ができたと喜んだものです

抱いているとコード類をすぐ噛んだりしてヘッドフォンを5つ破壊されたのは
今ではいい思い出です

体もそこそこ大きくなってきたのでちょっと値段がはりましたが
大きめの小屋を買ってあげました
ダンボールの時と同様にすぐに自分の居場所を決めて寝転がったり
気に入ってくれてうれしかったです

撫でようとすると最初は逃げるのが癖?のようで戻ってきてから
撫でてほしそうに頭を下げるのが特徴でした

飼い始めて1年程度が経過したところで初めての我侭
今まではどのラビットフードでも食べてくれていたのに
突然1種類の餌しか絶対に口にしなくなりました
ウサギを買ったペットショップに売ってましたがそのお店も閉店してしまい
ネットで調べて通販で買うようになりました

体も結構大きくなり小屋だけでは狭いと思い扉を開けて小屋の外に
出られるように小屋前を拡張してあげました
うれしそうに出たり戻ったりを繰り返していたのが印象的でした
でもちょっと騒がしくなってしまうので休みの日だけって感じでした

そんなこんなで先日まで元気に過してきたウサギでしたが
突然下痢してしまい体調を崩してしまいました
その日は餌も食べ水も飲み安心しました

次の日になっても治らず状態は変わらず
撫でてあげると普段とは違い素直に撫でられていました
撫でられた後も暫く目を瞑って気持ちよさそうな顔をしてました
この時点で相当弱ってしまっていたのかもしれません

次の日仕事前に目を覚ますとウサギは横たわり若干の体温を残し
冷たくなりつつある状態でした 

30分程時間があったのでMixiとブログにて報告をし
仕事を休むわけにも行かず小屋から出してあげてそのまま仕事へ
不思議と涙は出ず仕事もあまり身の入らない状態でした
ウサギの死を受け入れられてない状態なのでしょうか

帰宅後Mixiを見た後にブログのコメントをを見てここで初めて
泣いてしまいました 今まで何か我慢したような状態でしたが
耐えることすらできなくなりました

雨が降り続け埋めてあげることもできず雨を憎みました
亡骸となってしまったうさぎを何度も撫でてあげました
生きているときにもっと撫でてあげればよかったと
何度も後悔しました

2日目も仕事があり休むこともできずに仕事へ
この日は仕事中も何度も泣いてしまい仕事にならない時間が
ありました 雨も上がり埋めてあげられる状況になると
今度は埋めることに抵抗を感じてしまい涙したり

埋めてしまったら本当にお別れ

仕事の終わり頃に心を決めて笑って見送ってあげることにしました

今でもウサギは本当に幸せだったのかと自問自答
答えはしばらく出そうもありませんが幸せだったと思いたいし
思ってくれてたら最高にうれしい

私は癒しと幸せをたくさんもらいました
私にとっては本当の家族でした
本当にありがとう ありがとう

これから主人としての最後の仕事をしてきます
------------------------------------------------------------------
ものすごく近くに埋めてあげることができました
天国とか信じてなかったけどあの子は天国に行ってほしいな

みなさんも可愛がってるペットとかいたら私のように後悔する前に
たっぷりと愛情を注いで可愛がってあげてください
励ましてくれたみんなにもありがとう
[PR]
by hoshi1982403 | 2008-10-08 23:14